TOP>ネコな小ネタ・雑学

ネコ豆知識

18.招き猫のはじまり

招き猫のはじまりは豪徳寺で可愛がられていた白猫です。豪徳寺は和尚さんが飼い猫に「檀家を見つけてきてくれないか」と話しかけるような貧しい寺でした。ある時、猫が通りかかった一行に手招き。一行が寺に入ると雷雨に。雨宿りを兼ねて和尚さんの説法を聞き…さて雨が上がると、雷雨を逃れて説法も聞けたと喜んだこの一行、なんと彦根城主の伊井直孝の一行だったのです。以後、豪徳寺は伊井家の保護を受けるように。
和尚さんは白猫が亡くなると墓を立て猫の象を建て、まつりました。この象「招福猫児」が招き猫のはじまりとされています。